素敵な王子様との出会いをネットに託すまくりん(♀)と、素人童貞だけど恋したいまくりん(♂)が織りなす出会い系体験劇。恋愛日照り日記ともいう。


by tetestst1

カテゴリ:コラム( 7 )

私は出会い系サイトではなく、
普通のコミュニティーサイトを使って出会いをゲットしました。

以前の恋愛で価値観が合わず、
苦労したので自分と好みの合う人と知り合いたいと思っていました。

私はそのサイトの中でサークルの様なもので、
自分の好きなものに登録をしました。その中で自分と興味のある物が
共通している人にメールを送ってみました。

返事が来なかったり、続かなかったり、地域が遠い人もいましたが、
その中でも同じ県に住んでいて興味のあるものが一緒の人がいました。

偶然見つけたと言う感じでしたが、
やり取りをする内に仲良くなって何度か会いました。
その人はかっこ良くて好きになりましたが、
結局インターネットで複数の女性と会っていて
遊びだったのかなと感じて自然に離れてしまいました。

とても残念でしたが、良い経験となりました。
その後インターネットで出会った方は真面目な人でお付き合いをしています。

今の所不満も無く、浮気も無く良い人だなと思っています。
よく見極めるのも大事かなと思いました。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-04 23:11 | コラム
今や完全に普及したSNS。
利用者は数十万にも上ると言われている。

スマ活という単語も生まれるほどSNSは世に普及して
SNSを通して恋人を作る所謂、恋活をする人が増えている。

確かに今のSNSは電話番号認証が必要で本名でなければいけなかったり、
その契約者が18歳未満なら利用に制限をつけたりと安全策もしっかりしている。

SNSで繋がる人のほとんどは同じ学校だった、
もしくは共通の友人がいるケースなので利用者も安心して使えるのだろう。
そして友達の友達にも写真が見れる。
実のところこの機能が恋活を加速させているのではないかと考える。

友達の友達が自分の写真を見れて、なおかつそれが”誰”だかわかる。
つまりは友達がアップロードした写真に好みの子がいたら
その子の自己紹介のページを見れるのだ。

人によるだろうが出身地や趣味、仕事など詳細も書かれていることも多く
そこから共通点を見つけたりより深く知ることができる。

そこからOOの友達なんだけど、
という具合に連絡を取ったりあるいは友達に紹介してもらったりする。
紹介された側は共通の友達がいることもあり親しくなりやすい、
という形式がすでに出来上がってるように感じる。

このように今や広く浸透したSNSでの出会いは
以前よりはるかに安全ではあるが
しっかり自身でもトラブルに巻き込まれないように利用してもらいたいものだ。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-04 23:07 | コラム
私は以前に自分のホームページを作っていました。

日々の日記や趣味などを定期的にアップしていたのですが
地域の恋愛ホームページを開設して半年が経過した頃に
読者から多くのコメントも頂けるようになりました。
その中の読者の1人が偶然私の家の近隣の女性でした。

私と年齢が近かったこともあり
地域出会いのホームページのコメント欄で出会ってからは
メールのやり取りを数回しました。

その後にお互いが実際に会ってみたいという想いになりました。
そして、近所の喫茶店で待ち合わせをしました

会った感想は想像していたよりも素敵な女性でした。
女性も私の事を気にいってくれたので週に1回程度会うようになりました。

初めて会った日から2ヶ月後に動物園にデートに行ったのですが、
そこで初めて手をつなぎました。

次第に仲も深まっていっていつしか付き合っているという状態になりました。

この女性は私の現在の彼女ですが今も愛も変わらずに仲良くしています
将来は一緒に生活できる日が来る事を願うばかりです。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-03 21:34 | コラム
結婚8年目の主婦です。実は主人との出会いはネットです。
家族も友人もほとんど知りません。

6年程付き合った彼と別れて、傷心で無気力な日々を送っていたとき、
気晴らしになればと見たサイトがありました。

出会い系とお見合いサイトの中間くらいのもので、
結婚を前提ではないけど、真面目なお付き合いを望む方向けのものでした。

サイトを通して数人の方とやり取りをしました。
中には明らかに遊びの人もいましたが、
ほとんどは真面目に出会いを探している方だったようです。

実際に会うつもりはなかったのですが、主人はすごく真面目な印象で、
素直な感じがしました。すごく熱心に、慎重にアプローチしてくれました。

でもメールだけでは本当に良い人がわからないので、
会う気はありませんでした。でも何回も言われるうちに、
会って判断してもいいかな、と思うようになりました。

自宅から数駅先の駅で待ち合わせました。
土地勘があるところなら、危険な場所もわかるので。

実際に会って話した彼は、メール通り真面目な人でした。
話していて楽しかったし大丈夫かなと思いました。

それから半年くらいで結婚しました。

今では子どもも産まれ幸せにやっています。
あの時思い切って会ってみて良かったと思っています。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-03 21:30 | コラム
私が無料掲示板サイトで出会ったのが今の彼です。

ネットの出会いには様々な用途がありますが、
私の場合はバンドメンバーの募集という用途で出会いを求めていました。

バンドメンバーの募集サイトへ情報収集すると
私の趣味にぴったりな相手を見つけることができました。

実際に合ってバンドを始めることになりました。
バンドの練習は本当に楽しく、本当に話すこと話すことかみ合う形でした。
すると知らず内に恋愛へと発展していったのです。

すると、いつの間にか付き合うことになり、
もうかれこれ4年も同棲している状況です。

しかし、少し引っかかっているのが、友人にどのように出会ったの?
と聞かれることです。

なんだか、ネットでなんて言えないのでどういう風に切り抜けようかいつも悩みます。

でも、本当にわからないものですね。
ネットでの出会いは怖いものもありますが、
私の場合はうまくいった事例ですね。
このネットでの出会いに本当に感謝しています。

いい人生のパートナーに出会いました。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-03 21:26 | コラム
最近ではSNSやその他のインターネットサイトにより
人との出会いも変わってきています。

特に、SNSでは実名で登録が必須なサイトも多く、
実生活の延長版となっています。

そのため、ネットで新しい出会いを作ることも出来ることがネットのメリットと言えます。

SNSなどでは同じ趣味や音楽のアーティストなどのファンなど、
同じ話題で他人と盛り上がることが簡単に出来ます。
つまり、自分と気が合う人をネット上で探す事も容易となっています。

また、SNSを使えば故郷の同級生や、
その他の過去に付き合いがあった人とも
再び連絡を取り合う事が出来る
のも、メリットと言えます。

つまり、ネットでの出会いも変わってきており、
現在では現実世界と変わらないような
出会いが出来るようになってきていると言えます。

そして、SNSをきっかけに交際が発展しているカップルなども増えており、
これからは男女の出会いの場としても、
ネットが大きな役割を果たしていくと考えられます。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-02 12:30 | コラム
知人から、婚約したと報告をもらいました。

その知人は、フワフワした掴みどころのない男で、
何かと心配事が多かったので、婚約の報告をもらった時には

「こいつも男として落ち着いたんだな。」


と、安心しました。
ところが、驚いたのは、婚約相手の女性がネットで出会った相手だということ。
もうそんな時代が、身近なところまで来てるんだなぁと実感した次第です。

気になったので詳しく話を聞いてみると、
同じ趣味をきっかけに関連サイトで出会い、
共通の話題でメールをやりとりする知人の仲になり、
それからSkypeなどで声を使って話をしてみたところ
さらに盛り上がり恋人にまでなったのだとか。

しかし、ネットの中で恋人だといっても、
相手に触れることはできませんし、
実体が見えにくいために恋人という実感が沸きにくいですよね。

相手の女性も不安になってしまうなど、
喧嘩も少なくなかったそうです。
では、どうやってその心を繋ぎ止め、婚約に至ったのか?

彼らの住んでいるところはやや遠距離だったのですが、
クリスマスやバレンタイン・デーなどの各種イベント毎の際には
極力会いに行ったのだそうです。


…フワフワしてると思ってましたが、
私が知らないだけで意外と行動的だったらしい。

・出会ったきっかけはネットでも、
相手の不安を解消するためには体を使って会いに行くこと。

・メールの文字やSkypeの声だけではなく、実際に愛を伝えること。

このような行動やそのための努力が、
彼女の心を射止めるに至ったポイントだったのでしょう。

便利なネットの時代であっても、
「男前な行動が相手の心を掴む」
という点は、リアルの恋愛とそう変わらないようです。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-02 12:27 | コラム