素敵な王子様との出会いをネットに託すまくりん(♀)と、素人童貞だけど恋したいまくりん(♂)が織りなす出会い系体験劇。恋愛日照り日記ともいう。


by tetestst1

カテゴリ:攻略術( 3 )

私は以前SNSで知り合った男性と実際に会い交際したことがあります。

最初はLINEのID交換掲示板でネット上の気の合う友人数人でやり取りをしていたのですが、なんとなく流れでふざけて「Aちゃん(私)は俺のものだ!」「いやいや、俺のものだ!」とかいう話になり私を取り合っていて、どっちがタイプかと聞かれ、適当に一人の人を選んだのですが、その後お互い意識するようになってしまいました。

仕事やプライベートな事まで話すようになり、隣県に住んでいることが分かってより親近感がわき、メールをするようになって、しばらくして電話で話すようになりました。

SNSの掲示板では他の友人にばれないように当たり障りのない話をして、その後電話で話したりするとなんだか秘密の恋をしているようで、二人のテンションは上がる一方でした。

でも実際に会うとなると、お互いに会ってガッカリされるんじゃないかという不安があって、なかなか踏み切れずにいましたが、似ていると言われる有名人だったり、目や口、髪型などのパーツだけの写メを送り合って、相手の容姿を想像していました。

そしてどんな容姿であってもガッカリしないと確信して、私達は会うことになりました。

実際に会ってみると、想像していたよりもかっこよくて安心しました。

電話やメールから、雰囲気や性格もなんとなく分かっていたので、危ない人だと思わなかったし、こういう出会い方もアリだよねとその時初めて思いました。

その後遠距離恋愛で1年ほどお付き合いをしましたが、彼の仕事が忙しくなってなかなか合う時間が作れずに気持ちが離れてしまって別れてしまいました。

顔が見えない、嘘がいくらでもつけるネットの中では、恋愛に発展するのは危険を伴うこともありますが、ちゃんとお互いに信頼関係を築いて実際にお付き合いして、結婚に至った人たちも大勢いると思うので、良い面悪い面の両方をちゃんと知って、行動することが必要かなと思います。
[PR]
by tetestst1 | 2014-12-05 21:05 | 攻略術

最近話題のSNSでの恋愛活動、所謂恋活。
でも過去出会い系サイトでの事件も多々あり不安…という方も多いのではないでしょうか。

そこでどこに気を付けて恋活をしていけばいいのかあげていきます。


本気で恋活したい方にお届けするSNSでの恋活の約束三ヵ条。

1.複数のアカウントを作れるSNSを使用しない。
1つの携帯電話で何個ものアカウントを作ることが可能だと
”架空の人物”に恋をする、という間抜けなことになりかねません。
同時に危険で最悪、事件になりかねないので
最低でも1つの携帯電話で1つのアカウントしか作れないSNSを利用しましょう。

2.プロフィールを見る
趣味が合うかな、とかも気になりますが
ここでは名前、出身地(または学歴、職場)、年齢、を見てください。
名前はフルネームか、未成年じゃないか、
出身地学歴等が一切かかれていないのは少々ひっかかりますが
それよりも今現在の職場や住んでる詳細な住所などがかかれている方が危険です
。”個人情報に拘りがない”ということはあなたの住んでる場所を
不特定多数が見れるネット上にあげてしまう危険性もはらんでいます。


3.友人一覧を見る
共通の友人はいるのか?
友人が3人しかいない、等は危険なので避けておいたほうが無難です。

以上3つを守って楽しい恋活ライフを楽しんでくださいね。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-04 23:14 | 攻略術
数年前の出来事ですが、僕は毎日のように
聴いた事のある音楽のレビューをとあるSNSに投稿していました。
毎日更新していると、そこから足あとがつくことがあって、
その足あとから友達の申請をもらうこともあったのです。

僕の音楽の趣味は少々マニアックで、
リアルの友達もちょっとついてこれないということで
あまり好きな音楽話ができる友達がいませんでした。
その為、ネット上で音楽の情報交換が出来る友達がほしかったのです。

するととある超マニアックなCDに共感してくれた女の子に出会いました。

その子とは毎日のようにメッセージのやり取りをしましたが、
その子は三重県、僕は東京でした。遠くて気軽に会える距離ではありませんでした。

しかし、次第に会いたい気持ちでいっぱいになったので、
彼女の誕生日に僕は彼女の勤務先にあたる名古屋にかけつけ、
プレゼントを渡しました

そして、その場で告白し、付き合う事になりました
その後は何度か会う内に同棲をしたいということになり、
遂には同棲する事になったのです。かなり貴重な体験でした。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-03 00:58 | 攻略術