素敵な王子様との出会いをネットに託すまくりん(♀)と、素人童貞だけど恋したいまくりん(♂)が織りなす出会い系体験劇。恋愛日照り日記ともいう。


by tetestst1

最近話題のSNSでの恋愛活動、所謂恋活。
でも過去出会い系サイトでの事件も多々あり不安…という方も多いのではないでしょうか。

そこでどこに気を付けて恋活をしていけばいいのかあげていきます。


本気で恋活したい方にお届けするSNSでの恋活の約束三ヵ条。

1.複数のアカウントを作れるSNSを使用しない。
1つの携帯電話で何個ものアカウントを作ることが可能だと
”架空の人物”に恋をする、という間抜けなことになりかねません。
同時に危険で最悪、事件になりかねないので
最低でも1つの携帯電話で1つのアカウントしか作れないSNSを利用しましょう。

2.プロフィールを見る
趣味が合うかな、とかも気になりますが
ここでは名前、出身地(または学歴、職場)、年齢、を見てください。
名前はフルネームか、未成年じゃないか、
出身地学歴等が一切かかれていないのは少々ひっかかりますが
それよりも今現在の職場や住んでる詳細な住所などがかかれている方が危険です
。”個人情報に拘りがない”ということはあなたの住んでる場所を
不特定多数が見れるネット上にあげてしまう危険性もはらんでいます。


3.友人一覧を見る
共通の友人はいるのか?
友人が3人しかいない、等は危険なので避けておいたほうが無難です。

以上3つを守って楽しい恋活ライフを楽しんでくださいね。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-04 23:14 | 攻略術
今や完全に普及したSNS。
利用者は数十万にも上ると言われている。

スマ活という単語も生まれるほどSNSは世に普及して
SNSを通して恋人を作る所謂、恋活をする人が増えている。

確かに今のSNSは電話番号認証が必要で本名でなければいけなかったり、
その契約者が18歳未満なら利用に制限をつけたりと安全策もしっかりしている。

SNSで繋がる人のほとんどは同じ学校だった、
もしくは共通の友人がいるケースなので利用者も安心して使えるのだろう。
そして友達の友達にも写真が見れる。
実のところこの機能が恋活を加速させているのではないかと考える。

友達の友達が自分の写真を見れて、なおかつそれが”誰”だかわかる。
つまりは友達がアップロードした写真に好みの子がいたら
その子の自己紹介のページを見れるのだ。

人によるだろうが出身地や趣味、仕事など詳細も書かれていることも多く
そこから共通点を見つけたりより深く知ることができる。

そこからOOの友達なんだけど、
という具合に連絡を取ったりあるいは友達に紹介してもらったりする。
紹介された側は共通の友達がいることもあり親しくなりやすい、
という形式がすでに出来上がってるように感じる。

このように今や広く浸透したSNSでの出会いは
以前よりはるかに安全ではあるが
しっかり自身でもトラブルに巻き込まれないように利用してもらいたいものだ。
[PR]
by tetestst1 | 2013-11-04 23:07 | コラム